銀座カラーを利用すると結局いくらかかるか

施術代金の総額は、初回利用時にすでに決まっている

 銀座カラーでは、初回の無料カウンセリングの際、銀座カラーでの施術を望む人に、今後受けるコースの設定をしてもらうようです。全身か、それとも部分的にか、脱毛し放題プランか、回数設定ありのプランかなど、これらを組み合わせて利用者は施術コースを選ぶことになります。その時点で選んだコースの代金が、すなわち総額となりますので、結局いくらかかるのか、と頭を悩ませる必要はないわけです。
 もちろん途中経過の中で、施術箇所を増やしたいなど、利用者が特に希望した場合は、その希望したコースの料金がかかりますが、途中でそうした変更がなければ、当初決めたコースの料金がそのまま施術の総額となり、結局いくらかと考える場面はなくなります。
 脱毛し放題コースの場合は、今後何十年でも何度でも制限なしで施術が受けられますが、最初に決まっていたコース料金以外は一切かかりません。ただ、脱毛し放題コースでも、予約のキャンセルが遅れ、前日の19時まで連絡できなかった場合はキャンセル料金が2000円かかります。このことに気をつけてさえいれば、当初のコース代金以外に追加料金が発生することはありません。なお、回数契約コースの場合はキャンセル料金はかかりませんが、一回分を消化したという扱いになります。
 このように、結局いくらになるかという懸念は、脱毛し放題コース利用者がキャンセル時期に気をつけてさえいれば、銀座カラーにおいては考える必要のないことです。

脱毛サロンシースリーの脱毛箇所を紹介

 

施術前の化粧落としも料金に入っている

 顔の施術を受ける際などは、当然メイクをしていては不都合です。しかし、銀座カラーの店舗は駅の近くにあることが多く、人通りの多い場所で、そこへ向かうまでノーメイクでいることに抵抗のある人もいるでしょう。施術直前に自分で全部落とすにしても、それを不慣れな場所で完璧に行うのはかなりたいへんなことです。銀座カラーでは顔脱毛の利用者に、施術前のメイク落としを無料でやっているようです。施術後のメイクアップは、肌のためを考えたらしない方がいいのですが、どうしてもする場合は利用者がメイクアップ用品を持参して行って、自分で行うことになります。
 顔以外の施術を受ける場合は、基礎化粧品に注意が必要です。油分の多いものを塗っていくと、銀座カラーが行っている保湿ケアの成分が浸透しづらくなるからです。施術の日は、化粧水など、油分を含まないものにとどめておくのがよいようです。

施術代金の総額は、初回利用時にすでに決まっている

 銀座カラーでは、初回の無料カウンセリングの際、銀座カラーでの施術を望む人に、今後受けるコースの設定をしてもらうようです。

全身か、それとも部分的にか、脱毛し放題プランか、回数設定ありのプランかなど、これらを組み合わせて利用者は施術コースを選ぶことになります。

その時点で選んだコースの代金が、すなわち総額となりますので、結局いくらかかるのか、と頭を悩ませる必要はないわけです。

 もちろん途中経過の中で、施術箇所を増やしたいなど、利用者が特に希望した場合は、その希望したコースの料金がかかりますが、途中でそうした変更がなければ、当初決めたコースの料金がそのまま施術の総額となり、結局いくらかと考える場面はなくなります。

 脱毛し放題コースの場合は、今後何十年でも何度でも制限なしで施術が受けられますが、最初に決まっていたコース料金以外は一切かかりません。

銀座カラーはクーリングオフも対応する安心サロンです

ただ、脱毛し放題コースでも、予約のキャンセルが遅れ、前日の19時まで連絡できなかった場合はキャンセル料金が2000円かかります。

このことに気をつけてさえいれば、当初のコース代金以外に追加料金が発生することはありません。

なお、回数契約コースの場合はキャンセル料金はかかりませんが、一回分を消化したという扱いになります。

 このように、結局いくらになるかという懸念は、脱毛し放題コース利用者がキャンセル時期に気をつけてさえいれば、銀座カラーにおいては考える必要のないことです。

 

施術前の化粧落としも料金に入っている

 顔の施術を受ける際などは、当然メイクをしていては不都合です。

しかし、銀座カラーの店舗は駅の近くにあることが多く、人通りの多い場所で、そこへ向かうまでノーメイクでいることに抵抗のある人もいるでしょう。

施術直前に自分で全部落とすにしても、それを不慣れな場所で完璧に行うのはかなりたいへんなことです。

銀座カラーでは顔脱毛の利用者に、施術前のメイク落としを無料でやっているようです。

施術後のメイクアップは、肌のためを考えたらしない方がいいのですが、どうしてもする場合は利用者がメイクアップ用品を持参して行って、自分で行うことになります。

 顔以外の施術を受ける場合は、基礎化粧品に注意が必要です。

油分の多いものを塗っていくと、銀座カラーが行っている保湿ケアの成分が浸透しづらくなるからです。

施術の日は、化粧水など、油分を含まないものにとどめておくのがよいようです。

1036

Comments are closed.